Global sites

U&U PLASTIC SURGERY

再手術

あなたの最後になるU&U、心まで癒やします。

あなたの最後になるU&U、
心まで癒やします。

U&U PLASTIC SURGERY

再手術

胸の再手術は結果に対する不満、または副作用を改善するために行う方法です。
1次手術とは異なり、従来の手術空間を全体的に再手術しなければならないため難易度が高く、
必ず熟練した専門医に相談しなければなりません。そうしてこそ、1次手術の失敗の原因を正確に分析し、それに適した手術方法を見つけるためです。

手術後の不満、副作用の発生は患者だけでなく、手術する執刀医の立場でも望まない状況です。
幸い、以前よりこういうことがとても減ったため
私としては特に心配しなくてもいいと申し上げたいです。

胸の再手術は結果に対する不満、
または副作用を改善するために行う方法です。
1次手術とは異なり、従来の手術空間を全体的に再手術しなければ
ならないため難易度が高く、
必ず熟練した専門医に相談しなければなりません。
そうしてこそ、1次手術の失敗の原因を正確に分析し、
それに適した手術方法を見つけるためです。

手術後の不満、副作用の発生は患者だけでなく、
手術する執刀医の立場でも望まない状況です。
幸い、以前よりこういうことがとても減ったため
私としては特に心配しなくてもいいと申し上げたいです。

U&U PLASTIC SURGERY

胸の再手術の対象

  • 01球形拘縮により胸が硬くなった場合
  • 02手術後に胸が非対称になった場合
  • 03手術後の胸の形やサイズに不満がある場合
  • 04補形物が変形または破損した場合
  • 05従来のAllergan補形物を挿入した後、心配になって交換を希望する場合

再手術の時期

胸再手術は、6ヶ月~1年が過ぎた後、
胸の組織と形がある程度定着してから行うことをおすすめします。


球形拘縮や炎症の症状がある場合は、もう少し早い時期に再手術が必要になることもあります。
患者さんの状態を正確に診断し、十分な相談を経て症状に合った再手術方法と時期を決めます。

胸再手術は、6ヶ月~1年が過ぎた後、
胸の組織と形がある程度定着してから行うことをおすすめします。


球形拘縮や炎症の症状がある場合は、
もう少し早い時期に再手術が必要になることもあります。
患者さんの状態を正確に診断し、
十分な相談を経て症状に合った再手術方法と時期を決めます。

U&U PLASTIC SURGERY

球形拘縮段階

球形拘縮は1~4段階に区分されます。1~2段階は手術による矯正が必要なく、
3~4段階のみ手術が必要なので、実際の再手術につながる場合はそれほど多くありません。

球形拘縮は1~4段階に区分されます。
1~2段階は手術による矯正が必要なく、
3~4段階のみ手術が必要なので、
実際の再手術につながる場合はそれほど多くありません。

1度
ナチュラルな形で触っても 補形物を感じない。
2度
胸の柔らかさが足りず、 補形物の感触が多少あるが 外観上からは補形物が 目立たない。
3度
胸が硬くなり、 補形物の感触がはっきりしていて 外観上からも補形物が見える。
4度
胸が硬かったり固かったりして 補形物の形をした変形が現れる。

U&U PLASTIC SURGERY

胸の再手術の方法

胸の再手術は、1次手術の失敗原因や症状によって異なります。
ただし、皮膜(カプセル)に問題がある場合は手術難易度が高いとしても、
必ず前と後ろの皮膜両方を除去する皮膜全切除術を原則としています。

胸の再手術は、1次手術の失敗原因や症状によって異なります。
ただし、皮膜(カプセル)に問題がある場合は
手術難易度が高いとしても、
必ず前と後ろの皮膜両方を除去する皮膜全切除術を
原則としています。

01. Allergan補形物の交換

既存の補形物および既存の被膜(カプセル)をすべて除去し、
しっかり洗浄した後、新しい補形物に取り替えます。
以前、私が手術をした患者様も交換可能です。

01. Allergan補形物の交換

既存の補形物および既存の被膜(カプセル)をすべて除去し、
しっかり洗浄した後、新しい補形物に取り替えます。
以前、私が手術をした患者様も交換可能です。

02. 球形拘縮

既存の補形物の位置を変えたり、補形物を除去したり、
交換する方法を行います。できれば球形拘縮を
起こす皮膜(カプセル)をすべて除去することをおすすめします。

02. 球形拘縮

既存の補形物の位置を変えたり、補形物を除去したり、
交換する方法を行います。できれば球形拘縮を
起こす皮膜(カプセル)をすべて 除去することをおすすめします。

03. 胸の非対称

精密診断により非対称の原因を把握し、
現在の状況に最も適した方法を選択して
再手術を行います。

03. 胸の非対称

精密診断により非対称の原因を把握し、
現在の状況に最も適した方法を選択して
再手術を行います。

04. サイズ、形の不満

既存の切開部位から既存の補形物を除去し、
新しい補形物に交換します。

04. サイズ、形の不満

既存の切開部位から既存の補形物を除去し、
新しい補形物に交換します。

05. 補形物の破裂または損傷

既存の補形物を除去し、しっかり洗浄した後、
新しい補形物に交換します。

05. 補形物の破裂または損傷

既存の補形物を除去し、しっかり洗浄した後、
新しい補形物に交換します。

U&U PLASTIC SURGERY

手術後をより大切に!

手術後の経過をチェックだけしてアフターケアをスタッフに任せることはしません。
執刀医が自らアフターケアを行うため、
手術後の不具合について細かく質問できます。
特に再手術の場合は執刀医が直接アフターケアすることが望ましいです。

手術後の経過をチェックだけして
アフターケアをスタッフに任せることはしません。
執刀医が自らアフターケアを行うため、
手術後の不具合について細かく質問できます。
特に再手術の場合は執刀医が直接アフターケアすることが
望ましいです。

※手術後の出血、感染、炎症などの副作用に個人差がありますのでご注意ください。

※手術後の出血、感染、炎症などの副作用に
個人差がありますのでご注意ください。

U&U PLASTIC SURGERY

BEFORE & AFTER

※個人の状態によって結果に差がある可能性があります。

U&U PLASTIC SURGERY

U&Uの差別化

  • すべての過程を
    CCTVで閲覧可能

    一部の過程ではなく、手術開始から縫合まですべての過程をCCTVで閲覧可能なので、代理手術の心配なく安全に手術をお受けください。

  • 新型コロナに備えた
    アンタクト診療!

    すべての患者に個別の回復室、個別の入院室をご提供!相談、手術、治療、管理のすべての過程で、他の患者と会わないアンタクト診療が原則です。

  • 患者が心地よい病院

    豊胸術後NO入院、NO疲れ、NO抜糸、NO包帯、NO拘縮薬
    私が手術を几帳面に行い、不必要な過程を最小限に抑えながら、数多くの経験を通じて患者が心地よい病院を作っています。

  • 安定的な手術運営

    欲張らずに1日3回のみ施術をしています。
    無理なスケジュールで待ち時間が増えれば一人一人に最善を尽くして集中できないからです。

  • 手術後をより大切に!

    手術後の経過をチェックだけしてアフターケアをスタッフに任せることはしません。
    執刀医が自らアフターケアを行うため、手術後の不具合について細かく質問できます。

  • すべての過程を
    CCTVで閲覧可能

  • 新型コロナに備えた
    アンタクト診療!

  • 患者が心地よい病院

  • 安定的な手術運営

  • 手術後をより大切に!

医院介绍
商号:U&U整形外科医院|住所:ソウル特別市江南区論峴路819ミョングァンビル3階
代表者:キム•ギガプ|事業者番号 : 843-10-01346| Tel : +82-2-544-6996|Fax : +82-2-544-2442

Copyright © 2020 U&U PLASTIC SURGERY. All Rights Reserved.

商号:U&U整形外科医院
住所:ソウル特別市江南区論峴路819ミョングァンビル3階
代表者:キム•ギガプ|事業者番号 : 843-10-01346
Tel : +82-2-544-6996|Fax : +82-2-544-2442

©U&U PLASTIC SURGERY

youtube blog instagram
전화걸기 카카오상담하기